UNITYSKIRACING

スキーレーシングをより楽しく、そして皆様により速くなっていただくため、 私たちスタッフはレーシングスキーテクニックを常に探求し最新のものを 提供する努力を続けています。

Information

NEW

ご使用のブラウザがGoogleChromeの場合、メニューバーをクリックしても画面がスクロールしない場合がございます。サイドバーにてスクロール頂くか、別のブラウザにてご覧ください。

野沢温泉スポーツ公園にPIS*LABを敷き詰めたゲレンデがオープン!
夏でも雪に限りなく近い感覚で、 雪上とまったく同じ道具を使って滑る、オフシーズンのトレーニングは効果絶大!
基本動作の確認をベースにシーズンインに向けたトレーニングをおこないます。

シーズンインに向けて基本動作を徹底的に確認し、マテリアル性能を最大限に活用するためのノウハウを伝授いたします。
様々なバリエーショントレーニングを取り入れ幅広い対応能力を身につけるためのトレーニングを行います。

スキーレーシングをより楽しく、そして皆様により速くなっていただくため、私たちスタッフはレーシングスキーテクニックを常に探求し最新のものを提供する努力を続けています。「マテリアル性能を最大限に発揮させる」ことをテーマに充実のスタッフ陣がベストな環境を提供し、最新テクニックを伝授します。

ユニティスキーレーシングでは、今シーズンもウィークデイトレーニングプログラムを設定しております。このプログラムにより1月から3月までのハイシーズン3ヶ月間、毎日ポールトレーニングを皆様に提供することができます。少人数でのトレーニングは効率もよく、自身の滑りを見つめなおすチャンスです。ご自身のトレーニングスケジュールに合わせて1日単位でご参加ください。

コーチングスタッフを多く必要とし、効率の良いトレーニング環境を保つことが困難なSLトレーニングを充実のスタッフが運営することで、効率的かつ質の高いトレーニング環境を提供することができます。ショートカービングスキーの性能を最大限に引き出すことをテーマに、人工降雪機で作られ硬く締まったバーンを滑り込み、SLトレーニングの楽しさを体験していただきます。
ブラッシュマーカーを使ったショートポールトレーニングでSLに必要な基本動作確認エクササイズも行っていきます。

大会期も終了し、精神的な余裕も出てくるこの時期は、滑りのイメージをつくりなおす絶好のチャンスです。来シーズンに向けて、基本動作を確認する為の、フリースキー、ショートポールトレーニングで滑りの幅を広げていきましょう。
初めてポールに入るという方から、スキーの技術の幅を広げるために競技スキーをやってみたいという方々まで幅広い層の方たちを対象にしたキャンプです。フリースキーを多く取り入れ、カービングスキーを乗りこなすため基本動作をわかりやすく指導、ワンランク上のスキーヤーを目指します。

今シーズンもジュニアトレーニングサポートとして小学1年生~高校3年生までのキッズ、チルドレン、ジュニアレーサーを対象に雪上トレーニングを開催していきます。
スキーの楽しみを体感してもらうために大切なチルドレン・ジュニア期
その可能性を最大限に引出すために、それぞれの時期に最適な指導を行い、USRの理念と一貫指導にしかできない指導カリキュラムに基づいて、発掘、育成、強化を行っていきます。

2017-2018シーズンよりジュニアへのトレーニングサポート強化企画始動!!
アルペン初心者大歓迎!:アルペンレーサーを目指すジュニア(小学生~高校生)への体験参加もあります!
小学生がお得!:新たに小学生料金を設定し、お得でお気軽にトレーニングへ参加できるようになりました。
お得なシーズン会員、トレーニング会員の詳細はこちらからご確認いただけます。→詳細

スタッフ紹介

staff

ディレクター|DIRECTOR
T.C.S.代表
元全日本ナショナルチーム
国内外のキャンプで幅広い層を指導する傍ら、執筆等の活動もおこなう。
上林 卓司 (TAKUJI KAMIBAYASHI)

上林 卓司 (TAKUJI KAMIBAYASHI)

スタッフ|STAFF
山田 大介 (DAISUKE YAMADA)

山田 大介 (DAISUKE YAMADA)

スタッフ|STAFF
T.C.S.店長
サロモンチームサービスマン
金田 健 (TAKESHI KANEDA)

金田 健 (TAKESHI KANEDA)

スタッフ|STAFF
松本 君安 (KIMIYASU MATSUMOTO)

松本 君安 (KIMIYASU MATSUMOTO)

フィジカルトレーニング/ コンディショニングアドバイザー
菊地 真也 (SHINYA KIKUCHI)

菊地 真也 (SHINYA KIKUCHI)

テクニカルアドバイザー
岡部 哲也 (TETSUYA OKABE)

岡部 哲也 (TETSUYA OKABE)

2017-18シーズンから男子のF.I.S(国際スキー連盟)レギュレーションがラディウス35m≧、スキーの長さ195㎝≧(ワールドカップ、コンチネンタルカップ以外のFISレースはマイナス5㎝可)からラディウス30m≧、スキーの長さ193㎝≧(ワールドカップ、コンチネンタルカップ以外のFISレースはマイナス5㎝可)に変更になります。このルール変更により、チルドレン世代からFIS年代に上がる選手にとっては、従来ラディウス17m≧から35m≧だったものが、17m≧から30m≧になるという事で以前よりもスムースなマテリアルの移行が期待できます。
スキーというスポーツは、自身が使用するマテリアル性能を最大限に発揮する事で、より速く滑ることが可能になります。その為には、正確なポジショニングとスキーのたわみを引き出す運動能力、その外力に耐えうるボディバランスが必要不可欠となってきます。ユニティスキーレーシング(USR) では「ポジショニング( 姿勢)、バランス( 前後左右)、ラインどり、タイミング( リズム感)」をトレーニング要素のテーマに掲げ、「最速の滑り」を目指し的確な指導技術でキャンプを運営してまいります。2017-18 シーズンもスキーをする喜びや速く滑る事を実感していただく為に皆様のレーシングライフを幅広くサポートさせて頂きます。

 フリースキー
基本姿勢、ポジショニング、基本動作を確認するために様々なバリエーショントレーニングを取り入れ、スキー滑走に必要な運動パフォーマンスを向上させます。

 ショートポールトレーニング
規制されたコースの中で的確なラインをとりながら、タイミングよく基本動作を行う感覚を養います。視線上にポールがないので、圧迫感を感じることなく身体全身を効率良く使いながら滑ることに集中できます。

 ポールトレーニング
基本動作をベースに、実戦を想定した環境でのトレーニング(タイム計測や実践的なポールセット)をおこない、実戦で通用する感覚を養い、速く滑るためのタクティクスの習得を目指します。

 ビデオミーティング
個々の滑りを分析し、現状の滑りを確認していただくと同時に、今後の修正点や課題を明確にしていきます。更にワールドカップ選手等の滑りも分析し、理想の滑りのイメージを把握していただきます。

 タイム計測
ポールトレーニングでタイム計測をおこなう事で、より実戦に近い感覚を体験することができると同時に、フィーリングとタイムの関係を知ることができます。どのような状況の時(精神状 態、ラインどり等)により速いタイムで滑ることが可能なのかを把握することができます。

ユニティスキーレーシング(事務局)

株式会社スポーツユニティ

観光庁長官登録旅行業第1445号/JATA

〒162-0825東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル3階

TEL:03-5206-3421

FAX:03-5206-3425


問合せ1989年5月6日創業以来、数多くのスキーヤー・スノーボーダーと共に歩んで参りました。我々はスキーヤーでもあり、旅行会社でもあります。スキー・スノーボードの大会に参加する方々の渡航手配、レーシングチームの海外トレーニングキャンプの企画や手配、コーディネート、会場視察や国際大会の運営など行って参りました。「スキーヤーによる安心・安全な旅行業」をモットーに皆さまに快適なスキー・スノーボードの旅のお手伝いをプロフェッショナルなお手配とともにを実現して参ります。


©2016 (C)Sports Unity INC. all rights reserved.